映画『ジョーカー』のネタバレ評価|かつてないほど最高で最凶の悪役(ヴィラン)

映画『ジョーカー』のネタバレ評価|かつてないほど最高で最凶の悪役(ヴィラン)洋画

80
今年の映画を震撼させている作品第1位が、この『ジョーカー』です。

個人的には素晴らしい作品で、今までの悪役とは全く違う、人間味がありかつてない最高で最凶の悪役だと思っています。

まだ観ていない方は、ぜひご覧ください。

HA! HA! HA! HA! HA! HA!

映画『ジョーカー』の予告動画はこちら↓

映画『ジョーカー』本予告【HD】2019年10月4日(金)公開

映画『ジョーカー』の基礎情報

映画『ジョーカー』のポスター

制作年2019年
上映時間2時間2分
監督トッド・フィリップス

この監督トッド・フィリップスは『ハングオーバー!』などのコメディ映画を制作しています。この監督が『ジョーカー』を手がけていることがすでに皮肉ですね。

個人的な『ジョーカー』の評価

今年もたくさん映画を観ている僕の素直な評価です。

総合評価
ストーリー
映像
音楽
キャスト
眠くなかったか

とても良きでした。今まで目を向けられて来なかった悪役、それも悪役中の悪役ではなく、より人に寄り添った悪役の物語。

人間という存在に対する視点・悪役に対する考え方の変化がある映画です。

さらに、主演ホアキン・フェニックスの演技が素晴らしすぎます。フィギュアスケートだったら、金メダルを取るレベルの演技力です。

喜怒哀楽、特に哀の部分が素晴らしい立ち回りでした。顔がよかったですね。

『ジョーカー』のあらすじ

舞台は、お金もなくゴミや人の不満が溢れるゴッサムシティ。人を笑わせるピエロの仕事をしていたアーサー・フレックは、母のペニーフレックを介護しながら2人で暮らしていた。アーサーは脳と神経の関係で、何もないときでも急に笑い出してしまうという病気を持っていた。その病気のせいもあり、仕事・プライベートとも運に恵まれない人生を送っていた。仕事中に不良に襲われたアーサーだが、同僚のランドルから身を守るためにと銃をもらう。その銃を小児病棟での仕事で落としてしまい、会社をクビになることに。帰り道地下鉄に乗ったアーサーは、実業家トーマス・ウェインが経営するウェイン産業のエリートに暴行され、持っていた拳銃で射殺してしまうのだった…。

ここから先はネタバレを含みますので、まだ映画を見ていない方は注意してください。

『ジョーカー』の感想と考察←ネタバレはここから

『ジョーカー』の感想と考察←ネタバレはここから

映画『ジョーカー』の感想を一言で言うと、すんごい重い映画でした。常に観てるこっちのメンタルがやられそうになります。

観終わった後も、彼女と「重かったね」と話し合いました。多分、遊び半分でチャレンジしていい映画ではないです。

ジョーカーが最高で最凶な理由

バットマンの悪役として知られているジョーカーですが、彼は正直言って強い悪役ではありません。しかし、最凶なのです。

実際にDCコミックスの中では、バットマンの最大の敵として知られています。では、なぜ弱いはずのジョーカーが最凶のヴィランとなっているのか。それは彼がヒーローでもあるからです。

今回の映画でも「金持ち3人を殺したピエロは、よくやった。」と言うセリフが民衆の中から出てきていました。バットマンのような正義のヒーローが悪役を倒して秩序を保つことが喜ばれるように、既得権益と言う秩序をぶっ壊すことで喜ぶ人もいるのです。

これはもはや宗教戦争のようなものです。本来であれば戦争や人殺しはダメだと教えられるはずの宗教ですが、正義の名の下に行動していれば戦争でもためらわずに行動します。

ジョーカーは、ある意味で正義なのです。つまり、民衆の行動をも動かすことができるのです。今回の映画でも、ラストにかけてピエロのお面を被った一般人が大きな暴動を起こしていました。そして1番観て欲しかったのが、ウェイン夫妻を殺したのはジョーカーではないということです。ピエロのお面を被った一般人が殺していました。かつてないほど、凶悪なのです。

これが、ジョーカーが最高で最凶のヴィランと呼ばれる理由となります。民衆に味方される悪役、今までには全くない種類ですが、考えただけでゾッとするほど強いのがわかるでしょう。

人間らしく主観で生きることを貫き、孤独から生まれたジョーカーは、民衆からの声援を受ける唯一の悪役なのです。

ジョーカーは一般人の中から、たまたま生まれてしまった悪役。だからこそ強く、だからこそ人間的なのです。

悪役は環境が作る自然の産物である

純粋な感想ですが、悪役は環境が作るものなのかもしれないと思いました。例えば、映画『ジョーカー』の主人公、アーサーは以下のような環境で育った人間です。

  • 母と貧しい2人暮らし
  • 幼少期の虐待
  • 母は精神に異常をきたしていた
  • コメディアンを夢見ていたが突然笑い出してしまう病気
  • 強すぎる妄想癖

幼少期に虐待を受け、精神に異常がある母親と2人暮らしはかなりきついと思います。

さらに、自身の病気・妄想癖も影響していて、そもそも他人から興味を持たれ好かれるような存在ではなかったのです。

ご自身に当てはめてみると良いと思いますが、精神に異常があったり障害を持っていたりする方がいたらわざわざ話しかけるようなことはしませんよね。僕もつい避けてしまうと思います。

さらに、夢を馬鹿にされ笑い者にされるような状況に耐えらえる人間などいるのでしょうか。もちろん、慰めてくれる人もいない孤独な状況下での話です。

いろんな環境が組み合わさって、ジョーカーという悪役を作ってしまったのです。

全てはジョーカーの妄想だったのか

この作品では、ジョーカーの妄想癖を表すシーンが非常によく出てきます。特に、同僚のランドルとの銃に関するシーンと隣人の女性と関係を持つシーンなどがそれでした。

しかし、おそらくラストシーンで観客は一気に惑わされたはずです。それが、最後のこのセリフ。

カウンセラー「何がおかしいの?」

ジョーカー「面白いジョークを思いついたんだ」

カ「話してみて」

ジ「どうせ理解されないさ」

これまでに見てきたストーリー全てが、ジョーカーの妄想・ジョークであり実はテレビにも出ていなければ人も殺していない説です。

確かに今までの映像全てがジョーカーの妄想という終わり方にすることも可能ですし、とても面白いと思います。しかし、ジョーカー自体も妄想と現実の区別がついていないでしょうから、我々一般人が妄想説・現実説で議論しても無駄なのです。

我々は確実にカウンセラー側の人間なので、ジョーカーからしたら「お前には理解できないよ」と言われるのがオチでしょう。

ジョーカーの妄想には誰も付き合えないんですよ。

最後の赤い足跡はカウンセラーを殺している

ラストシーン、ジョーカーがカウンセラーと話した部屋から出てくるとき、足跡が赤くなっていることに気づいた人も多いでしょう。

あれは、確実にカウンセラーをやっちゃってます。殺してますね。

もちろん実際のシーンは出てこないので、あくまで想像の範囲です。最後にジョーカーが言った面白いジョークというのは、カウンセラーを殺すことだったのかもしれません。

まぁ、だとしたらカウンセラーのあの女性には到底理解されないジョークでしょうね。

必ず字幕で観なければならない

この映画『ジョーカー』は吹き替えではなく、字幕で観ることをおすすめします。

何よりもアーサー役であるホアキン・フェニックスの演技が驚異的なので、セリフも含めて楽しむのが良いでしょう。

洋画は基本的に字幕で観ることをおすすめしている僕ですが、理由は主に、俳優の演技にはセリフも含まれているからです。

もちろん吹き替えの声優の方も素晴らしいのでしょうが、ジョーカーは字幕で観た方が良いと思います。

僕はジョーカーの名言に注目したい

僕はジョーカーの名言に注目したい

民衆の中から出てきた悪役であるジョーカーは、夢のまた夢の話ではなく、少し世界が違えば存在するかもしれないのです。

そんなジョーカーの名言には素晴らしいものがあるので、いくつかピックアップしました。

  • ずっとハッピーなのは難しい
  • 人生は悲劇だと思っていた 人生は喜劇だ
  • 善悪を主観で決めている だから自分で決めればいい

主に出演を夢見ていたマレーの番組での言葉ですが、今までずっと報われなかった男が、人を殺すことにより人生が変わったということです。

もちろん犯罪であり、他人の権利を奪うという行為は推奨されるべきではないのですが、ジョーカーにとって善悪は主観で決めるもの。つまり、ジョーカーに「それは悪だ」と伝えても全くの無意味なのです。

これぞサイコパス。これぞジョーカー。一見悲劇だと思われた人生も、主観では喜劇となり得るのです。全ては捉え方次第。

この映画は観ている人も鬱状態にするような重みがありますし、実際にジョーカーの状況になれば鬱になってもおかしくありません。しかし、そんな中だからこそ笑って過ごした彼が紡ぐ言葉には、大きな力があると思います。

映画『ジョーカー』のまとめ

今回ご紹介したこの映画『ジョーカー』は、個人的にとても重い作品でした。悪役といっても身近にいる可能性のある悪役なので、他人とは思えないような種類のヴィランです。

そんなジョーカーが出てくる映画『バットマン』は、U-NEXTで観ることができます。

ジョーカーのことをもっと知りたいなら、バットマンも観るべき!

今なら新規登録すると31日間の無料お試し期間があって、600円分のポイントも付いてきます。

さらに、いつでも解約できて無料期間中の解約ならお金もかからないので、本当に無料で観れます。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>
クリックするとU-NEXT公式HPに移動します。
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。